特定非営利活動法人タッチインピース 広島での活動

touch in pease

English

~広島での活動~

2008年から続いているタッチインピースの最初の、そしてもっとも中心となっているプロジェクトです。広島で原爆の被害をうけて、未だ生存しておられる方々へのタッチケアを定期的に行っています。毎年4回、十数名のマッサージセラピスト達が、日本中から広島に集まってワークをします。

私達が訪問する「やすらぎ園」というホームには67歳から100歳の100名の入居者の方々が滞在していて、いつも私達のマッサージを楽しみにしてくれているようです。寝たきりになっている方、認知症のかた、色々な方がいらっしゃいます。
温かい手のぬくもりで触れることで、背負ったトラウマが少しずつとけていくようです。。。
まだ原爆を受けた日のショックや、家族を失ったつらさを鮮明に記憶していて、話しだされる方もいます。

広島でおきた事は、忘れてはいけない、そして癒されなければいけない。
真の平和は癒しの中から始まります。

↑ PAGE TOP